【バック№:09/12/13】小沢一郎は中国人民解放軍の日本解放戦の最高司令官?

シェアする

小沢氏胡主席と会談

【北京=原川貴郎】2009.12.10 23:30
民主党の小沢一郎幹事長は10日午後、北京に到着し、人民大会堂で胡錦濤(こ・きんとう)中国国家主席と会談した。両氏は、日中関係の強化や民主党と中国共産党の政党間交流の促進を図ることで一致した。
小沢氏は会談後、記者団に対し、来夏の参院選について胡氏に、「こちらのお国(中国)に例えれば、解放の戦いはまだ済んでいない。来年7月に最終の決戦がある。人民解放軍でいえば、野戦の軍司令官として頑張っていると伝えた」と語った。
他の先進国の主要政治家が、天安門事件で民主化運動を武力で鎮圧した人民解放軍の幹部に自らをなぞらえることはあり得ない。
小沢氏はまた、「参院選で民主党が過半数を取ることで、思い切った議論をできる環境が整い、関係を深めることができる」と語ったことも紹介した。
胡氏は「民主党政権になってからも交流を深め、日中の互恵関係が新たな段階に入った」と語り、鳩山政権のアジア重視の姿勢を評価した。

~引用終わり~

民主党小沢幹事長は、中国人民解放軍の司令官でした。およその推測はしておりましたが、まさか、本人の口からその事実をこれだけはっきりと聞くと思いませんでした。
その人民解放軍とはいったい誰を解放するのでしょうか?それは、日本国にいる日本人です。
では、中国が言う「解放」とは何でしょうか?

<中国悪魔の辞典より>
「中国」が云う「解放」は侵略を意味する。すなわちチベットや東トルキスタンにおける惨劇の実例に観られる通り、人民(といっても、中国共産党)の食い扶持(ぶち)のための、人民への「解放」を意味する。そのために「隣国」を侵略する軍隊が「人民解放軍」である。

~引用終わり~

政権与党である民主党の最高権力者は小沢一郎です。つまり、日本政府は既に中国人民解放軍の支配下にあるということです。
つまり、小沢一郎は中国人民解放軍の日本解放戦の最高司令官だったわけです。日本人民解放戦の優秀な指揮官である、小沢一郎は、中国を訪問し、最高指導者である胡錦濤主席に報告と誓いを行ったわけです。
その報告をわかりやすく意訳すると次のようになります。
「私たちは人民解放軍日本解放部隊は、夏の日本解放戦で勝利をおさめ、人民共和国政府を樹立することができました。しかし、政府の中に抵抗する残党がいるので、次の参議院選(解放戦)で彼らを駆逐し、中華人民共和国と一体となった日本人民共和国の建設に向けて頑張ります。」

ということは、次の参議院選挙を手をこまねいてみていると、日本国は、「日本人民共和国」になってしまうということです。
絶対に次の参議院選で民主党を勝たすわけにはいきません。民主党が中国共産党の傀儡政権であることを全国民に知らせなければなりません。残された時間は、半年です。この半年間の戦いで日本の運命が決せられるということです。
これからの半年間は、保守政治家、保守の活動家の真価が問われるときとなります。

(JSN代表 仲村)

以上

関連投稿

シェアする