【バック№:10/02/05】名護市長選の実態:安保破棄のために全国組織でつくり上げられた民意

シェアする

■名護市長選の実態:安保破棄のために全国組織でつくり上げられた民意

名護市長選の民意は、安保破棄を目指す左翼全国組織に作り上げられた。下記は、安保破棄中央実行委員会のメールニュース。これをみても左翼全国組織が名護市の民意を作り上げた実態がわかる。

<10月安保破棄メールニュース(安保破棄中央実行委員会)2010年1月26日号>
全国のみなさんたくさんの寄せ書き、カンパ、檄、そして全国からの多くの方に選挙の応援に駆けつけていただきました。物心両面にわたるご支援ありがとうございました。大きな反響と期待が「名護市長選、良かったね」名護市民は「辺野古に基地をつくらない」を選択!

<安保破棄メールニュース(安保破棄中央実行委員会)2010年1月27日号>
安保破棄大阪実行委員会は26日、鳩山首相と平野官房長官に対して、「平野官房長官の発言に怒りを込めて抗議する。名護市長選挙の民意に基づき、政府はただちに普天間基地の即時無条件返還で米国政府と交渉を行なえ」との申し入れ文書を送付しました。

関連投稿

シェアする